2020-04

ノスタルジー

中2の次男の笑い声は、私の妹(息子の叔母)とそっくりだ

私には年子の妹がいる。 彼女とは小さいころから仲が良くいつもいっしょに遊んでいた。 私は4人兄弟で、上に姉がふたりいて、私が3番目で、その下に妹がいるという かたちだったのだ。 上二人の姉同志と、下二人がコンビを組...
政治の裏側

なぜ、各家庭にマスクが2枚配られたのか?

これは普通に考えれば理解できる。各家庭にたった2枚とはいえ、1憶2千万の 日本国民全員に送るのである。コストは400億円以上だという。 この発注を受けた業者にとっては、お年玉のようなものでる。 利益率が20%だとすれば、...
事件の深読み

結果的にベーシックインカムが実現する社会ができるかもしれない

コロナのおかげで、全国民に10万円が支給されることになった。 これが毎月継続することになれば、まさにベーシックインカムである。 ベーシックインカムとは、すべての国民に毎月数万円程度のお金を、 無条件に支払う社会保障システ...
日常の出来事

不妊治療の医師から「ここはあんたの来るところじゃない」といわれた友人の話

大学の時の友人から、ある時突然連絡が来た。まだインターネットが存在していない 時代の話である。1995年頃だったと思う。 二人で居酒屋へ飲みに行ったのだった。 そこでいろいろな話をしていくうちに、彼が不妊治療をしていて、...
事件の深読み

地球温暖化問題は解決したかもしれない

ゴールデンウイークの前だというのに、これほど涼しい時はあっただろうか? 単なる偶然なのか?いや違う。 世界中の工場が停止して、車もそんなに走っていないことによる 影響であることは間違いないだろう。 空気が浄化したの...
事件の深読み

山積みのマスクが街中で売られている。(50枚3000円くらい)

4月27日(月)世田谷の下高井戸界隈では露店で大量のマスクが売られている。 10枚1000円か、50枚3000円くらいである。 一番安い店では50枚2700円だった。 やっぱり高いからか、在庫は山積みされていて、そんなに...
日常の出来事

耳鳴りについて:子供のころ意識した日から今日まで続いている

静かな部屋で一人でいると、必ず耳鳴りが聞こえる。 小学生の時、「これは異常なことなのではないか?」と思い、 親に相談して大きな病院で検査をしてもらったが、異常はないといわれた。 でも、今でも耳鳴りを意識すると、耳鳴りはど...
日常の出来事

杉並区、善福寺川公園にある飛行機の思い出

1966年生れの私が幼稚園の頃から、この飛行機は存在しているのだ。 少なくとも50年以上同じ場所にこの飛行機はあり続けているのだ。 2020年4月26日に撮影したのであるが、コロナ騒動で、 子供が遊ばないように、KEEP...
事件の深読み

コロナ問題の要約について、見えてきた真実

伝染病としては、日本人だけはそんなに恐れなくていい 理由は解明されていないが、日本人がコロナウイルスで重症化しにくいことは 間違いないわけである。多数の死者がいるニューヨークに在住する日本人で 死んだ人はいない。日本人の...
楽しく生きるコツ

仲間が近くにいることが一番大事である

人類とは1人では生きられないような構造になっているのだ。 大海を泳ぐ多くの鯨は群れをつくらないが、鰯は大きな群れでしか 生きていけないわけである。 人類は鰯のような存在である。 チームを作り発展して、地球という生態...
タイトルとURLをコピーしました