非常事態警戒が出され、人々はスーパーに殺到し、そこでパンデミックが広がる矛盾

事件の深読み

4月7日に非常事態宣言は発令されるという。間違いなく人々はスーパーに殺到するだろう。そこでコロナウイルスが撒き散らされるのだ。簡単に予想できる構図である。かくして政府の非常事態宣言は正当化されるのである。日本のスーパーは狭いので、2m間隔などでは並ぶことはできない。そのうち規制がされるだろうが、やるなら今だろう。非常事態宣言の前に、スーパーでの行列をなんとかするための方策のほうが重要である。欧米のように、店舗に入ることのできる人数を制限し、ネット予約にするとか、行列をさせない手段を講じなければいけないのだ。満員電車も同じである。あの中に患者がいれば、間違いなく感染するわけだ。感染しても発症していない保菌者はたくさんいるわけで、彼らは自由に動きまわっている。たしかに日本の致死率は低いかもしれない。だからといって、みんなに移していいわけないだろう。1人でも感染者は少なくするべきだ。1ヶ月前までは、東京五輪7月開催が最優先されていて、今はパニックを防ぐことだけが最優先されているのだと思う。今、最もやらなくてはいけないことは、感染者数を最小に抑えることである。そういう視点で政府は動いていないが、言葉ではそういうことをいっている。言っていることではなく、やっていることを見て、彼らの本当の意図を判断することが重要である。

タイトルとURLをコピーしました