株価だけは短期的には暴騰する可能性

事件の深読み

コロナウイルスの問題は経済に深刻な影響を与える。長期的に日経平均株価が1万円を割る

可能性は極めて高いが、短期的に株価が暴騰する可能性がある。

その理由は単純だ。株価は需給で決まるからだ。

これから景気は悪くなるし、すでに悪くなっているが、実は企業が個人のキャッシュフローに

現時点で大きな変化はないのだ。

ゆえに、日本政府やFRBなどが大量のお金を投入すれば、需給の関係で

株価は上昇するだろう。これは単純な話である。でも、そんなに遠くない未来に

お金は枯渇するので、その時は暴落するわけである。まあ、おおざっぱにいえば2年以内

くらいの間である。おそらく日経平均株価は5000円程度にまで落ちるであろう。

5000円の根拠は簡単である。数年前の民主党政権末期の時の株価は

7500円くらいだったので、それより下だろうから5000円である。

6000円かもしれないし、4000円かもしれない。

株価は、「神の見えざる手」によって動くのではない。

キャッシュによって動くのである。どんなに業績が悪くても、よくても関係ないのだ。

買いが多ければ上昇するし、売りが多ければ下落するのである。

日経平均株価が短期的に2万円を超えてくる状況は、十分あると感じている。

でも間違いなく、いずれは下がるのである。

タイトルとURLをコピーしました