相対的に小池百合子はいい政治家である

政治の裏側

東京都知事の小池百合子はコロナ騒動で最も評価をあげた政治家だと思う。

安部さんと対照的に、小池さんの発言や施策は、現実的で

政府の施策よりもはるかにまともである。

最も評価を下げたのは、セクキャバにいって立憲民主党を除籍された人であろう。

名前さえも知らないのであるが、どうでもいい話である。

小池百合子のことはあんまり好きではないが、相対的に保守系の政治家の

中では最も優秀な人なのかもしれない。

少なくとも安部さんよりは能力が高そうである。

彼女が優秀だと思うのが、何か特定の団体の利益を代表していないところである。

安部さんの後ろには、経団連をはじめとする大企業利権や宗教団体の姿が

はっきりと目に浮かび、彼らの利益のために行動しているのがよくわかる。

小池百合子は、何を目標にしているかというと、自分の地位をあげようとする

ことだけである。

これは一見悪いように思えるが、どこかの団体の利益を代表するよりは

よっぽどマシなのである。

彼女の目標は総理大臣だ。

それはそれでいいと思う。

実際に、都知事になった直後の衆院選挙で、総理大臣の椅子に手がかかったわけで

ある。あれは痛恨のミスで、逃してしまったわけであるが、

まだ虎視眈々と狙っているわけである。

自民党の人気が急落した後に、小池百合子を自民党が祭り上げて

総理にする可能性は高いと思う。

現時点では、多くの人はそんなことは考えていないが、

安部さんの後に、岸田さんが総理になったら、自民党人気は地に落ちる可能性が

高い。そうなったら、恥ずかしげもなく自民党は

小池百合子をかつぐであろう。

その時の対立候補は、自民党を離党した石破さんがまとめる野党連合だったりして。

政治は何が起きるかわからないのだ。

でも、安倍さんよりは、小池さんのほうがマシであると思う。

鄧小平が、「赤くても白くてもネズミを捕るのがいい猫だ」といっていたが、

私もそう思う。相対的に選ぶということは、そんなに悪いことではない。

気にする必要はないのだ。

タイトルとURLをコピーしました