何かにへばりついて生きていくか、自分で生きていくか?

生きる理由

人はひとりでは生きていけない。

大勢の人がいるから、社会は成り立っていて、人類は今日まで存続しているわけである。

チームワークは大切である。

厳密にいえば、個人作業というものは存在しないのだ。

ありとあらゆることは、集団作業なのである。

どこかの組織に入って、その中で流されていくていくことは悪いことではない。

多くの人はそうして生きているように見える。

でも、いつしか人は、その組織に守ってもらうことが当然だと思い、

その組織にへばりついて生きるようになってしまう。

結果として組織で生きることは悪いことではないが、

へばりついて生きていくのは、よろしいことではない。

有名な「チーズはどこに消えた」という話がある。

毎日そこにあった大量のチーズが突然消えてしまったときに、

ねずみたちは迷わずに別のチーズを探しに行ったのに対し、

小人たちは、またいつかそこにチーズが戻ってくるかもしれないと思い、

そこにい続けたという話である。

なくなったら、行動し新しい何かを探し始めることが、唯一の解決法なのである。

その過程で、必然的に失敗は起きるのだ。

失敗し問題点がわかりそれを改善していく・・・・・

それが唯一の生き残る道なのである。

今、日本だけでなく世界全体がこの「チーズはどこに消えた」の世界に

突入しようとしているのだ。

とっとと会社をたたんで廃業する人は懸命な人である。

彼らはその時点で成功者なのだ。

成功者とは今までと違うことを決断し行動する人のことである。

極論をいえば、今までと違うことをやるのであればなんでもいいのである。

重要なのは、違うことをやるということである。

違うことさえやっていれば、そのうち正解にいきつくようになっているのだ。

迷路を脱出する確実な方法は、壁に手をつけながら延々と歩き続けることである。

時間はかかるかもしれないが、必ず出口に出られるのだ。なぜなら出口が存在する

なら、出口と壁は必ずつながっているから。

とにかく歩き続ける(行動する)ことができれば、必ずゴールに出るのである。

へばりついて、そこにいる限り、事態は決して変わらない。

行動することが唯一の解決法なのである。

タイトルとURLをコピーしました