友だちの家の前で「たなかくん」と大声でどなり、呼び出すのが普通だった子供のころ(昭和あるある)

ノスタルジー

私が小学生の時、友人の家にいって友達を呼び出す時は、

自宅の前で大声で「たなかくん」と叫んで呼び出すのが普通だった。

その家に呼び出しブザーがあっても、基本的には押してはいけないというような

不文律があったと思う。

そもそもブザーがない家がほとんどだったのだ。(1970年代の東京)

事実私の自宅には呼び出しブザーがあったのであるが、それを押す友人は皆無だった。

家に訪問すると大人であれば「ごめんください」というのが普通だったのだ。

ドアを叩けばいいのではという意見もあるが、当時の日本の家は

引き戸が多かったので、叩けないのである。(サザエさんの家もこんな感じである)

ゆえにたまたまその家にブザーがあったとしても。それを使用せずに

大声で叫ぶほうが、普通だったのだ。

当時は事前に電話をかけて、「これから遊ばない?」なんてする習慣は

なかったのである。

「たなくん、あそぼ」と家の前で叫ぶのだ。

そうすると、お母さんがでてきて。

「あきらは今勉強中だから、またこんどね」とかいわれてしまうのだ。

団地などに住んでいる場合は、さずがに叫んだりはしなかった。

そういう場合だけは、家の前に行き、ノックをするかブザーを押したものである。

アパートや団地に引き戸はないからである。

家の前で大声を出すのは、今にして思うと、かなり間抜けな感じがする。

現在の子供が同じことをやったら、違和感が満載だと思う。

常識というのは変化してくものだ。

昔は、電話がなって出てみて、相手が気に入らない相手だと、

「ガチャ」と切ってしまったものであるが、今はナンバーディスプレイがあるから

そんなことをする人はいないのと同じである。

タイトルとURLをコピーしました