習近平は、「シージンピン」である。

笑える笑えない話

昔、韓国人と北朝鮮人に対しても日本政府は同じことをやっていた。

金日成を「きんにっせい」と読んだり、金大中を「きんだいちゅう」と

呼んでいたのだ。これは改正されて現在では

金日成は「キムイルソン」で、金大中は「キムデジュン」になっているわけである。

金日成

ところが、中国人に対しては現在でもわけの分からない日本語読みをしているのだ。

これは「大したことはない」と思っている人は、外国人と接触がない人だけである。

私などはけっこうな実害があるのである。

習近平は、英語だと Xi Jinping(シージンピン)である。「しゅうきんぺい」では

ないのだ。

英語の文章で、いきなりXi Jinping といわれて誰だかわからないのだ。

前後から考えて、「ああおそらく習近平だろうなあ」と思う感じである。

毛沢東(もうたくとう)は英語読みだと、Mao Zedong(マオツートン)である。

これなんか全然わからないのである。

マイクタイソンが、自分の身体に毛沢東の入れ墨を入れたが、

英語というか中国語でどういう発音をするのか全然知らなかったので

とても困った思い出がある。

大笑いを通り越して怒りを覚えるのは、かつてのNBAのスターである

中国人の姚明を、日本のマスコミは「ようめい」と呼ぶのである。

はあ?という感じである。なんなんだ、それは?

ヤオミンだろう。それ以外ないだろうと思うのであるが、本当に

信じられないが、少なくともNHKは 「ようめい」と呼んでいるのだ。

これは中国の人に対しても失礼であるし、日本人の国際化という観点からも

実害しかないので、とっとと改定しないとダメだろう。

なぜ、続いているのかというと、本当にくだらない理由である。

中国人が日本人の名前を中国内で報道する時に同じことをしているからなのである。

勝手にやらせておけばいいだろう。そんなこと。

韓国とは、「せ~の」で同時に廃止したのであるが、中国とは

「せ~の」がうまくいかないのである。

別に向こうがそれでいいのならやらせておけばいいと思うが、

日本人にとっては実害しかないので、すぐにでもやめるべきである。

外務省の役人のわけのわからないプライドなのか、それとも

うっかり忘れているのか、なんだかわからないが、

いまだにそうなっているのである。

あほくさい。

タイトルとURLをコピーしました