MMT理論の正しさが証明されてきた。

結論だけをいうと、日本政府はいくら自国通貨を発行しても破綻しない。

どれだけ個人に一律に10万円を支給しようが、企業に援助をしようが

破綻することはないのだ。

これから補助金の額はどんどん増額されていくが、政府が破綻することは

ないのである。

ただし、やりすぎるとインフレになりすぎるからそれはちょっと注意が

必要だ。

でも日本はデフレだから、今のところは全然心配ないのだ。

政府が望む、ゆるやかなインフレを実現したいのなら、

とっとと消費税を廃止して、国民への給付金をどんどん増やせばいいのである。

もしインフレ懸念がでてきたら、そこで消費税増税で歯止めをかければいいのである。

なんでそんな簡単なことをやってこなかったのか?

それが謎である。

とんでもないバカなのか?

ヒトラーだって、国民に選ばれて首相になったわけである。

昔は悪いことが起きると、人を殺して生贄にしたりして、

解決しようとしたわけである。

そのたぐいなのだと思う。

タイトルとURLをコピーしました