幸せそうな子供を見ると、心がなごむ

日常の出来事

コロナのせいで、お父さんが子供を連れている場面が明らかに増えている。

在宅が増えたのと、学校や保育所がやっていないことになやっていないことによる。

子供と信頼関係ができていないと、いっしょに外出はできないものである。

子供は敏感だから、信頼していない人間と一緒にいるときには

ビクビクしているから、よくわかるのだ。

自由に暴れたり、駆け回ったりしているのは、本能的に

「この人が守ってくれている」という安心感があるからなのである。

そういう雰囲気を醸し出している子供に出会うと、心が和むのだ。

「よかったね。やさしいお父さんで」と、小さい声でいってしまうのである。

こういう子供が1人でも多く増える社会になることが、

とても大事な事だと思う。一番それが大事かもしれない。

タイトルとURLをコピーしました