新宿のゴーゴーカレーで、

日常の出来事

ゴーゴーカレーはうまい。

けっこうくせになっていて、たまに行ってしまう。

コロナ問題はさておき、今日の昼飯はゴーゴーカレーであった。

店は満員で、カウンター席だけだったが、いっぱいになっていた。

この店では、1席空けるなどというルールは存在していないので、

ガンガン客が入ってくる。

店はまったく気にしていないかというと、そうでもなくて、

普段は食べ放題のキャベツが、いつものように自由に取れなくなっていて、

店員がいちいち持ってくるシステムに変更していたのである。

私のとなりに座っていた、おそらくトルコ人風のおっさんは、

なんとキャベツを5回おかわりしていた。

店員も面倒くさくなったようで、とんでもない大量の

キャベツを加えていたが、それを一瞬で平らげて何度も注文していた。

今、キャベツは高騰している。1個安くても三百円くらいである。

彼は間違いなく、丸一個分は食べていた。

もし彼のような客しかこないと、店は破綻するだろう。

でも、ゴーゴーカレーはうまい。

クセになるのだ。また行こう。

タイトルとURLをコピーしました