会いたい人と、会いたくない人

無性に誰かに会いたくなることがある。

その人が自分に癒しを与えてくれる人だからである。

そして会ってみて、どうということのない平穏な時間が流れ、

気分がすごくよくなっているのだ。

そういう人が私には数人いる。

電話で済ますこともあるけれど、できれば会いたいものである。

一方で、会いたくない人もいる。

昔は我慢して会っていた。

そのほうが自分のためになると思っていたからだ。

でも、いまは一切会わない。

会いたくない人とは会わないと決めたからだ。

結果として、そのあとは素晴らしい人生になってしまった。

人世というのは、こんなに簡単に一瞬でバラ色に変化するものなのかと

驚愕したのであった。

会いたい人とだけ会って、会いたくない人とは会わない。

小さい子供はそれが難しいかもしれない。

彼にとって会いたくない人が親だったら、避けることができないからである。

でもある程度の年齢になれば、誰でも簡単にできるものである。

難しく感じるが、意外に簡単である。

たまに、「俺は世界一幸福なのではないか」と思うことがあるくらいである。

タイトルとURLをコピーしました