原宿のクレープ屋さんで

オススメ飲食店

渋谷で打合せがあるという話をしたら中2の息子から、

「クレープ買ってきて」と頼まれたので、渋谷の町を探したら、すべてのクレープ屋さんが

閉まっていた。本当にすべてである。まあ、人通りがないのだから仕方がない。

そこで私は原宿にいった。クレープの聖地である。

竹下通りは90%の店が閉まっていて閑散としていた。

駅のそばのクレープ屋さんはすべて閉まっていて、

「もう無理だな」と思っら、竹下通りの一番奥にあるクレープ屋さんが

ポツンと営業していた。

砂漠でオアシスを見つけたような気分になったものである。

「原宿で営業しているのは、うちの店だけなんですよ」

とかわいい店員さんがいっていたが、ここしかやっていないので

そこそこお客さんはいるようだった。私の後ろにもすぐに二人並んでいた。

時間は19時くらいだった。

やっぱりクレープは原宿である。

いつも食べる明大前の駅前で営業している店とは一味ちがうし、

100円くらい安かった。(チョコバナナ生クリームで400円)

激選区なので、むしろ価格が安いのは意外だった。

やすくてうまいので、また行こう。

誰がどう考えても、店舗の自粛などやる必要なんてないことは明白だろう。

とっとと、解除してもとどおりの町にしないことのほうが、コロナよりも

はるかに大きな問題になる。

責任回避したい人が、失敗をしないことを目的に行動すると、こうなるのだ。

独裁政権の中国のほうがはるかにマシである。

タイトルとURLをコピーしました