公園では子供たちが楽しそうに遊んでいる

事件の深読み

うちの近所の公園では、近所の子供達が野球をやったり、サッカーをやったり、

楽しそうに過ごしている。

休日の光景が、平日も続いているわけである。

いつまで学校を閉鎖し続けるのだろうか?

ある意味学校以上に、濃厚接触をしているわけで、そういう子供達が

病気になったという話は聞こえてこない。

にも変わらず、念のために、何が起きるかわからないからという理由で

学校を休校にし続ける、おかみの判断には全く同意できない。

基礎疾患を持っている人は、隔離したほうがいいと思う。

現実にそういう人が重病化して亡くなっているわけである。

でも健康な若者で死んだ人は1人もいないのである。

なぜ、当たり前の対応がとれないのだろうか?

答えは簡単だ。責任回避である。何かあったら、政治家が責任をとらされるからだ。

だから、自分の利益にならないことは一切やらないのである。

国民のことを考えているのではなく、自分のことを考えているのだ。

学校を再開しても誰も褒めてくれないが、再開して問題があれば

次回の選挙で落選するのであれば、やるわけがない。

彼らはそういう基準で判断しているのである。

タイトルとURLをコピーしました