モバイルのPCを何しようか迷った結果:サーフェイスが一番

日常の出来事

私は機械いじりが好きなほうなので、PCを選んだりするのはとても楽しく感じるタイプである。

外出先で使用するPCを何にすべきか?

これはけっこう大きな問題である。

IPADはほとんど役にたたない。IPADは見るためのもので、文章をつくるためのものとしては

弱いからなのである。最大の弱点はUSBが使用できないことである。

USBが使用できないIPAD

他のPCで作ったワードなどのファイルを開くことができないのだ。

Dropboxに事前にファイルを入れておけばなんとかなるが、日常的にDropboxを使用している人は

そうはいないだろう。特に近年はセキュリティの問題があるから、

多くの企業では使用禁止になっているはずである。

クロームブックは一見すると魅力的にうつる。でもこれも実は、あまり役にたたない。

クロームブックはPCのアプリが使用できない

アンドロイドを使用できるパソコンであるわけだが、つまり通常のPCのアプリが

使用できないのだ。考えてみるとわかるが、アンドロイドのスマホで文章を

つくることなんて、簡単なメールやLINEの返信くらいである。

それくらいのためだけに、キーボードなんて必要ないのだ。

本格的な文章や企画書をつくるために、リアルのキーボードが必要なのに、

Officeが使用できないのだから意味がない。

ベッドスペースのないキャンピングカーみたいなものである。

そうすると、一番いいのは、マイクロソフトのサーフェイスである。

これはウインドウ10が使用できるタブレットである。

外出先で何でPCが使用かというと、突然、パワポなどのファイルを開く

必要が出てきたりするからである。そういう時に、サーフェイスであれば

タブレットと同様に取り出して、その場でファイルを開くことができるのだ。

キーボードを出せば、ノートブックPCと同様に文章を作成することもできるわけだ。

USBのポートが1つしかないのが、ちょっと問題だが、0と1では全く意味が違う。

1個あればそこにアダプターを入れれば3つでも4つでも使用できるからだ。

マウスを使うと、もうファイルが開かないので、マウスはblue tooth型にする

必要があるが、まあそれくらいはご愛敬である。

もうこれしかないと思う。

MacAIRなんかはかっこいいし、軽いし、とてもいいのであるが、タブレットではないので

使いづらいわけである。なんだかんだいって、PCなので嵩張るし、しかもMac

だからOfficeも使用しずらいわけである。

Mac book airはかっこいが・・・

でも、こういいうことに悩んで色々考えていること自体は本当に楽しいと思う。

自分の好きなことで悩むのは、ある種の快感である。

私の理想としては、タブレットにもPCにもなって、ウインドウズもアンドロイドも

両方使用できて、USBも使用できて、IPADのようにかっこよく、薄く、

そして安価なものである。それが2万円くらいで買えたら、本当にうれしい。

もし、現状でそれをつくれば、小売価格30万円くらいになるだろう。

数年後にはそれが当たり前になっているのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました