生まれて初めて、マンゴーを食べたら、うまかった

日常の出来事

マンゴーを生まれてはじめて食べた。マンゴープリンを食べたことはあるし、

もしかしたら何かのフルーツ盛り合わせの中にマンゴーが入っていて

それを食べたことはあるのかもしれないが、

果実としてのマンゴーを購入し、自分で切って食べたのは、

間違いなく初めてのことである。

結論からいうと、「こんなにうまい果物があったのか」ということである。

それまで私は一番美味しい果物は、桃だと思っていた。

おそらくマンゴーの方がうまいと思う。

単純比較はできないが、少なくとも、「うまさ」では

トップレベルである。

私が食べたマンゴーは完熟ではなく、やや硬かったが、好みにもよるだろうが

それはそれでとてもうまかった。

あえていえば、硬めの柿の食感と、桃の甘みが、ミックスしたような

味だった。柿は好きなのであるが、熟してきた時のヌルヌル感が嫌なのと、

ちょっと渋みがあるのもあまり好きではない。

桃は大好きであるが、硬い時の食感が好きなのであるが、それだと

甘さがイマイチになってしまうし、熟してやわらかくなると、

食感がやわらかすぎてしまうのだ。

マンゴーはそういった問題をすべて払拭した、画期的な果物であると感じた。

できれば、これから毎日食べたい。

でも値段はけっこう高価である。

寿司でいえば、トロのようなものであろうか?

世の中に、マンゴー味のスイーツはけっこうあるが、本当に思ったのは、

マンゴーは味ではなく食感のほうが重要なので、味だけマンゴーでも

ほとんど意味はないということである。

つまり、果実としてのマンゴーを食べないと、マンゴーのよさは全然理解できない

と感じたのである。

昔、そのまんま東が宮崎県知事になった時に、やたら宮崎産のマンゴーの宣伝を

していたが、あの時もいっさいマンゴーは食べなかったことをちょっと

後悔している。食っておけばよかった。こんなにうまいとは知らなかった。

びっくりである。

ちなみに私が買ったマンゴーは、ブラジル産で1個650円だった。

これはおそらくかなり安いのだと思う。

でもオレンジなどに比べると高額である。

メロンや桃などと同レベルの価格なのだと思う。

でも、この650円のマンゴーで十分においしいと思ったので、

また食べたいと思う。

本当のことをいうと、切り方には失敗した。真っ二つに切ろうとしたら、

センターがやたらに硬くて、切れなかったのだ。

切り方にはコツがあるようなので、次回はYouTube動画を見ながら慎重に切ることにする。

タイトルとURLをコピーしました