何年ぶりかに、ギア付きの車を運転したら楽しかった

日常の出来事

普通免許を取得してから30年以上経過しているが、ギア付きの車を運転した

経験はそれほどない。自分で購入した車はすべてオートマで、

ギア付きの車はごく稀に乗るだけである。

結果的にいえば、免許を取得する時に教習所で乗っていた時が一番乗っていた

わけである。今回、おそらく10年ぶりくらいで友人の車を運転させてもらった。

一言でいえば、本当に楽しかった。

車を動かすことが、こんなに面白いことだなんて、気づかなかった。

ミッション車を動かすのは、本当に神経をつかうので、停止して発進する

だけでも、すごい緊張するのだ。

普段運転している時は、音楽をかけまくっているが、そんな余裕は一切ない。

運転だけに集中しないと、命にかかわるからである。

ギア付きの車で、電話をする人なんていないだろう。

できない。無理である。

慣れてくればできるかもしれないが、本当に危ないと思う。

これだけ、運転に集中して運転することなんてなかったので、とても新鮮だった。

この車はパワステでもなかったので、ハンドルをきるだけで大汗をかいた。

いい運動である。

オートマではなく、ギア付きの車にのるということは、運転が趣味になるということなのだ。

そういう人の気持ちが理解できた。

1台しかない車がギア付きなのは、ちょっと無理かもしれない。

ギア付きに乗るなら、無理をしても2台目だろう。

ホンダのビートなんかいいと思う。

軽自動車のスポーツタイプなんかいいと思う。

本当に楽しかった。

そういえば、近所のディーラーで中古のカプチーノが30万円で売っていた。

買っちゃおうかなと思ってしまった。

タイトルとURLをコピーしました