86歳の母がウクレレの練習を開始した

日常の出来事

私の母は多趣味な人で、若いころは油絵、生け花、ダンス、などをやっていた。

60歳を過ぎたあたりからは染め物に凝りだして、ずっと染め物をやっていた。

日曜日に実家に行ってみたら、

「数年前にハワイ旅行に行った時に買ったウクレレがあるが、どこかで習ってみたい」

といってきたので、その場でYouTubeを調べて、

「初心者のためのウクレレ」という動画を見せたら、

食いつくように見て、音合わせから始めだしたのだ。

すぐに私は用事ででかけて、3時間後に帰ってくると、

「何とか音を出せるようになったわ」と、にこにこ笑っているのだった。

86歳なのに、すごい人だなあと思った。

いつになっても、何か新しいことをやると、楽しいに決まっている。

私もこの人の子供だから、同じように新しいことばかりをやっているのだと思う。

私もちょっと弾かせてもらったが、ウクレレにはあまり興味が持てない。

それよりは、いつかピアノを習いたいと思う。

なんかピアノのほうが、面白そうである。

今はやる気が起きないが、そのうちやるかもしれない。

彼女がぼけることは、あと10年くらいはないと思う。

おそらく100歳は超えるだろう。

そう考えると、残りの人生はけっこうあるのだ。

まだいないが、いずれ曾孫を見ることになるのだろう。

タイトルとURLをコピーしました