なぜ、ひとは自殺をしたくなるのか?

事件の深読み

30代の女性が川に飛び込んだのを、大相撲の境川部屋の人たちが救助したという

話がニュースになった。

その女性にどんな理由があったのか知らないが、私は彼女が再び

自殺するようなことはないと思う。

なんかそんな気がするのだ。

人間が生きる理由というのはけっこう単純なものである。

自分を含めた誰からも気にされない存在になった時に、人間は生きる気力を

なくすのである。

ある人は、衝動的に他人を殺してしまう場合もある。

他人を殺しているが、あれは自殺なのである。誰かを殺して、死刑になるために

やっているのだ。

別の見方をすると、どんな立場で、どんな場所にいても、自分も含めた誰かに

しっかりと気にされている存在の人は決して自殺を選んだりはしないからである。

考えてみればわかるが、誰かに気にされたいから、彼女は他人にわかるような

場所で自殺をしようとしたわけである。

「私をみて、私はここにいるのよ」という彼女なりの叫びなのである。

今回、その目的は十二分に達成されたのだ。

日本中にいる何百万人という人から知覚されたわけであるから、

このパワーは半端ではなく大きいのである。

そういう意味ではいい出来事だったと思う。

彼女はこれから、幸福な人生を歩み始めるわけだ。

できれば、もっとポジティな方法で、誰かに気にしてもらうほうがいいに

決まっているが、それが人間の本質なのだから、仕方のないことである。

誰かを嫌うよりも、無視する方が、はるかにひどい行為なのである。

いじめられて殴られる方が、無視されるよりもマシなのである。

もちろん、すべての自殺の原因が、こういう理由ではないわけである。

でも、多くのケースは、誰からも知覚されなくて、耐えられなくなり死んでしまう

ケースがとても多いのである。

人間は誰かに気にされないかぎり、存在している価値がないからである。

たとえそれが自分自身だけであったもいいのだ。

誰かに知覚されなくなった人間は、行き続けることができないものである。

タイトルとURLをコピーしました