他の惑星に行くには、ロケット以外にないのだろうか?

地球の外は真空であることがわかったのは、けっこう最近である。

ロケットをつくり宇宙空間に出れるようになったのも最近である。

少なくとも太陽系の他の惑星に生き物が住んでそうな場所はないわけで、

他の天体にいき、生き物が住んでいる可能性がありそうな場所までは

最短でも10光年以上かかるわけである。光の速さで10年だから、

最速のロケットでも、数万年以上かかるわけである。

そんなのは、普通に考えてみるとありえないことだと思う。

ようは、ロケットを使って生物のいる天体に行くことは不可能なわけである。

21世紀に生きている我々は、現代のレベルの科学では、無理だと結論づけてしまうが、

この状態がずっと続くわけでもないだろう。

100年前に原子力エネルギーのかけらもなかったのに、

現在我々はつかっているわけで、これから全く新しい何かが見つからない可能性のほうが

低いわけである。

宇宙戦艦ヤマトがつかっていた「ワープ航法」なんてものが現実になるかもしれないのだ。

アンドロメダでも、白鳥座でも、一瞬でいけるようになるかもしれない。

外国に行こうとすると、昔は船か、徒歩か馬車くらいしかなかったわけであるが、

飛行機ができて、劇的に時間が短縮できたわけである。

それを同じようなことが、これから必ず起きると思う。

いつかはわからないが、誰か頭のいい人が発見するかもしれない。

例えばであるが、現在も残っているアインシュタインの脳細胞からDNAを抽出し、

アインシュタインのクローン人間を五百人つくり、

彼らに英才教育をさせれば、それくらいのことはできるのではないだろうか?

もうすでに、中国やソ連でやっていたりして。

現在までのところ、人間が考えついたことで実現できていないものは、

不老不死と、タイムトラベルと、空間瞬間移動くらいだろう。

あとはほとんど実現しているわけである。

人間がなんでそんなにすごいのかというと、思考力があるからだと思う。

自由に考えてる力があるかぎり、多少時間はかかるかもしれないが、

思考できることは、すべて実現できると私は考えている。

タイトルとURLをコピーしました