山本太郎が出馬したが、都知事選は小池百合子が勝つだろう

政治の裏側

コロナ騒動がなければ、山本が勝っていたと思う。何が幸いするかわからない。

コロナ騒動の自民党の失政により、相対的に小池百合子は目立ってしまったので、

支持率が上昇し、当選する可能性が高くなったわけである。

山本太郎は得意の演説会自体を開催できないのだから、勝てる要素は少ない。

今回の山本太郎の出馬の目的は都知事になることではない。

れいわ新撰組のいい宣伝が大きな目的だろう。

いずれにしても供託金を没収される可能性はないので、

1円もかけずに、宣伝ができるのだから、出ない理由はないわけである。

熊本県副知事の人も、300万円の供託金は没収されるかもしれないが、

どうせ次の衆議院選挙で、東京のどこかの選挙区から立候補するのだと思う。

どのエリアで自分の人気が高く、相手候補を見定めながら、うまく

当選できそうなエリアを探すための、調査立候補であろう。

まあ合法なので、文句をいう筋合いもない。

最近の流行である。

これを流行させたのは、N国党の立花孝志さんである。

この選挙制度に、かなり問題があることは明白なので、なんらかの対応は必要

だとは思う。

それでも山本太郎が当選する可能性は0ではないと思う。

来週くらいに、小池百合子の大スキャンダルがマスコミに出れば、一気に

情勢は変わるかもしれない。

学歴詐称問題はたいしたことがないと思う。

それを超える、大スキャンダルがでないと難しいだろう。

山本太郎が都知事になれば、東京も少しはよくなると思う。

でも今回はちょっと難しいような気がする。

考えてみるとわかるが、小池百合子はコロナ騒動以外の対応はほぼ0点である。

何も実績がないのだ。

コロナ様様であろう。ラッキーもあるかもしれないが、

自民党のアンチテーゼとしても小池百合子には、それなりの価値があることは事実である。

私の好きな言葉に、「手を出している者のみが、りんごを受け取ることができる」

というのがある。

挑戦しないかぎり、何も生まれないのだ。

がんばれ、山本太郎。

現在、世の中に存在する日本の政治家の中では、彼がダントツの一番である。

タイトルとURLをコピーしました