初めて見に行ったプロレスの思い出

ノスタルジー

本気でプロレスファンだった私は、無論、八百長なんて信じていなかった。

心の底から格闘技世界最強はアントニオ猪木だと思っていた。

そんな私がはじめてプロレスを生で見たのは、中学生の時である。(1980年ごろ)

一人で、東京後楽園ホールへ、国際プロレスを見に行ったのである。


なぜ、猪木が所属していた新日本プロレスではなくて、国際プロレスだったかというと、

チケットが安かったからである。

たしか2000円くらいで購入できたような気がする。

後楽園ホールの前にたむろしていた、ダフ屋から購入したのである。


「おにいちゃん。窓口で買うよりこっちのほうが安いよ」

といわれて、3000円のチケットを2000円で買ったのである。

会場に入って最初に驚いたのは、プロレスラーの背が低かったことだ。

入り口のそばのグッズ売り場には、多くの中堅以下のプロレスラーが

立っていた。

マイティ井上は、たしか180cmと聞いていたのであるが、

当時160cmくらいだった私より、ちょっと高いくらいだった。


まあ170cmくらいだと思う。

確かに太ってはいたので、小太りのおっさんという感じだった。

でも、そのことは特に気にならなかった。はじめて見るものばかりなので、

他のことが気になって、それどころではなかったのだ。

チケットには、当時の国際プロレスのスターだった、

阿修羅原の顔写真が印刷されていた。


阿修羅原は、ラグビーの元日本代表で、鳴り物入りでプロレスラーに

なった選手だった。

チケットの顔写真の横に、WWAチャンピオンと書いてあったのであるが、

プロレスおたくだった私は、「いつのまにか原が伝統あるWWAタイトルを獲得

したのだろうか?」と素直にびっくりしたのであるが、

原は当時WWUジュニアヘビー級チャンピオンだったのであるが、

その誤植であったようである。

会場は6割くらいしか人が入っていなかったと思う。ガラガラではないが、

満員とは程遠い感じであった。

後楽園ホールは、プロレスの聖地とか今はいわれているが、当時の後楽園界隈は

ヤクザがたくさんいて、場外馬券売り場などがあり、本当にガラの悪い場所だったのだ。

まあでも、初めて見るプロレスは、楽しいものだった。

そこでエンジョイした私は、それから足繁く、後楽園ホールに通うようになった。

プロレスよりも、むしろボクシングのほうに興味が移ったので、

ボクシングをみることのほうがはるかに多かった。

最近ではほとんど後楽園ホールには行かなくなったが、

格闘技をみるには本当にいい場所である。

タイトルとURLをコピーしました