人生で最も大事なことは睡眠だと思う

日常の出来事

個人差はあると思う。たまに、「4時間も眠れば大丈夫」という人もいるが、

私はそういうタイプではない。8時間以上寝ないと体調がよくないのだ。

逆に、眠りすぎなのかと思ったが、フランス人の平均睡眠時間が8時間を超えている

という話をきいて安心した。世界的にみれば、睡眠8時間というのは異常ではなく、

むしろ正常なのである。

どんな悩みも、眠って起きた後には、軽くなっている。

眠りには不思議なパワーがあると思う。

悩んだら寝るというのは、最善のソリューションでもあるのだ。

理屈はよくわからないが、体感値として、それは正しいと思う。

いい睡眠をとって起きる瞬間は、最高の快感である。

朝起きて、すがすがしい気分だと、本当に生きていること自体が楽しくなる。

それがずっと継続すると忘れてしまうのであろうが、

なかなか継続できないわけである。

ゆえに幸福を感じるのだ。

眠ることにより、貴重な時間が失われてしまうという考えもある。

でも、眠るより大事なことって、ないと思う。

眠りすぎるのはよくないが、そもそも眠りすぎって、できないわけである。

眠りたくたって、起きちゃうわけである。せいぜい、12時間くらいである。

毎日12時間眠らないと問題があるのであれば、それは病気の可能性が高いわけで、

病院にいったほうがいいと思う。

眠りたいだけ眠って、体調を万全にして、日中のパフォーマンスを常に

一定レベルを維持し続けていて、成功しない人はいないと思う。

プロ野球の選手でヤクルトの石川という投手がいる。

一見地味な選手であるが、40歳で開幕投手をつとめ現役最多の171勝を

あげている大投手である。彼がよく寝ているのかどうかはしらないが、

継続して安定した結果を出すことが、結局一番得をするということなのである。

そのために、よく眠ることは、とても重要なのである。

タイトルとURLをコピーしました