明大前駅前で山本太郎を見た。衆院選の準備をしていた。

日常の出来事

今日、6月25日、昼頃、京王線の明大前駅前で都知事候補の山本太郎が演説をしていた。けっこうな大観衆が集まっていた。さすがの人気である。そこで感じたのは、次期衆議院選挙の準備をしていたという印象だった。寄付のお願い、ボランティアのお願い、そして最後に選挙の話である。優先順位はそういうことなのである。なんだか都知事選挙なのか、国政選挙なのかわからないような話をしていたわけである。考えてみるとわかるが、区の課題と、都の課題と、国の課題は、基本的に異なるものなのである。でも、多くの人はそれがわからずに、ごちゃごちゃになっているのだ。例えば消費税は国の問題であり、東京都知事には何の権限もないのだ。でも、堂々とポスターに、消費税廃止とかを謳っている候補者もいるわけである。まあそういうところも気にしないのだろう。山本太郎が考えているのは、衆議院選挙だけだろう。都内をこういう感じでかけ回れば、次期選挙でどの地域から出るにしても、けっこうな得票を得ることになるわけである。特に、世田谷区は自民党の基盤が弱いので、狙い目である。確実に当選できるだろう。もしかしたら、東京の衆議院でもう一議席取れる可能性もあると思う。比例と重複立候補すれば、可能性はかなり高いと思う。須藤元気は東京のどこかの選挙区から立候補するのかもしれない。なるほど、そう考えると、都知事への立候補はかなり重要な意味があることがわかる。5年後くらいには、総理になっているかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました