テレビアニメの第1話と最終回だけを見た感想

日常の出来事

アマゾンプライムにあった全12回のアニメ「かくしごと」という番組を見た。第1話を見て、「まあ面白そうだなあ」と思ったけれど、第2話を見るかどうか悩んでしまったのである。ちょっと考えて、最終回を見てみようと思い、いきなり最終回を見たのである。こんな経験をしたことは、一度もない。どうなるかなと思い、ワクワクしながらみたら、想像したのと、全然違う展開になっていて、面白かった。でも、なんか途中どういうことが起きたのか、全部想像できてしまうような感じだったので、間の2話〜11話を見ようとは思わなかった。これで十分満足したわけである。作者やファンの人から見れば、かなり失礼な話かもしれないが、どのように見ようが個人の自由である。考えてみると、本を読むときは、こういう感じで読むことはけっこう多いのである。なんとなく、書いてあることがわかるようなところは全部飛ばして、最後のほうだけじっくり読んで終わることはよくある。(小説では、そんなことはしない。実用書である)正直にいえば、もし全12話を見ると、退屈だったと思う。でも、1話と最終話だけを見たら、なんか得をしたような気になってしまった。このアニメの見所は、主人公の娘がとてもかわいいところである。こんな娘がいたら、楽しそうだなあと、息子しかいない私は思うわけである。

タイトルとURLをコピーしました