劇団四季の「青い鳥」を小4の時に見て、強烈な影響を受けた

ノスタルジー

今から40年以上前、小学校4年生の時に、母に連れられて有楽町の劇場で、

劇団四季の「青い鳥」の芝居を見た。

人生観が変わったといってもいいくらいのインパクトを受けた。

特に印象深かったのが、未来の国にチルチルミチルが行くシーンである。

その国には、これから生まれる子供達がみんないるのだ。

チルチルミチルは、そこで来年生まれてくる弟に会う。

弟は数年後に病気で死ぬという。

「ここでいる子供達は何か必ず一つ持ってうまれてくるんだ。僕の場合は病気。

それで、僕は数年後に死ぬんだ」とケロリと話すのである。

「それまでは仲良くしてね」とかいうのである。

もっともインパクトがあったのは、未来の国で、カップルになっている

2人の子供がいるのだが、1人はもうじき生まれるので、この世界から離れなくては

いけなくなるのだ。

神様が、ふたりを引き裂こうとすると、残された女の子は叫ぶ。

「私は、生まれたら大きな犯罪を起こします。そうすれば、あなたに気づいてもらえるから、

大きな犯罪を起こす女性がいたら、それは私なのよ」

なんか、すごいリアリティがあったのだ。

いいことなのか、わるいことなのか関係なく、人間は必ず何かをやるために

生まれてくるという話は、小学4年の私にとても大きな影響を与えた。

それから数日間は、夢の中に毎日、青い鳥の話が出てくるようになった。

光の妖精が夢の中にでてくるのだ。

私には、年子の妹がいたので、チルチルミチルに同化したような

気分になってしまったのである。

素晴らしい舞台で、大人になって調べたら、演じていた俳優は超一流の

人ばかりだった。

鹿賀丈史、久野綾希子、滝田栄などである。

鹿賀丈史
久野綾希子
滝田栄

劇団四季は、今でもたまに、青い鳥の公演をやっているようだ。

あのすばらしい舞台を今も忘れることはできない。

タイトルとURLをコピーしました