電車で隣に誰かが座ってくれると嬉しい

日常の出来事

空いている電車に座っている時、ゆったりとした気分で幸福感を感じることがある。

となりにずっと誰も座らないで、ずっとこのままでいてくれたらいいなと思ったりする。

そこから少しづつ混んでくると、自分のとなりに誰がくるのかきになるわけである。

できれば、おっさんではなく、かわいい女の子が座ってくれるのが嬉しいわけである。

どんどん電車が混んできて、自分のとなりだけ誰も座ってこないと、

「ラッキー」と思うよりも、「そんなに俺の側に誰も近寄りたくないのか?」と

ちょっと落ち込んでしまったりするのだ。

53歳の小太りのおっさんである。できれば避けたい気持ちは理解できる。

そんな時に、どんな人でも座ってくれると、

「この人は私を受け入れてくれたんだ」と思い、

ちょっとした親近感を感じてしまうのである。

その人に対する最大の配慮として、できるだけその人が不快にならないように、

極力小さくなり、股をすぼめたりするのだ。

こういう状況で謙虚な気持ちになるのは、とてもいいことだと思う。

電車に乗るということは、それだけでいろいろなドラマがあるので、

けっこう楽しい。

幼稚園児くらいの時に、母親と超満員の京王線に乗った時、

そばにいたおっさんが、「ここに小さい子供がいるから、気をつけてあげて」

と大声で怒鳴ってくれたことを今でも思い出す。

なんか守られている安心感を感じたのだ。

新宿から明大前までの、短い時間であったが、よく覚えている。

もう五十年くらい前の話である。

「どおくまん」の漫画で、若い男が電車に座っていて、おばあさんが来ると

睨みつけて隣に座らせないようにして、若い女の子がくると、小さくなって

眠ったふりをして隣に座らせるようにしむけるという話があった。

彼は、その女性に気づかれないように、ジロジロみたり、匂いを嗅いだりしている

変態なのである。

タイトルとURLをコピーしました