少女漫画のリアリティのなさ

日常の出来事

ある少女漫画にはまってしまい、全10巻を一気に読破した。

30歳の男が6歳の女の子を養子にもらい、男で1人で育てて、

いろいろあって、十二年後に子供が20歳になって結婚する話である。

かなり細かい話を書いているのに、

その14年間の中で、その男の性欲に関する描写がほぼ存在していないのである。

健康な男であり、しかも、40歳になってから、若い娘と結婚するような男である。

その12年間は子育てに集中していたから性欲がなかったなんて、

ありえないのである。

女性作家なので、男の性欲について、女性と同様のものだと思っているのだと

感じた。

そのリアリティのなさは、しかたがないが、プロなんだから、きちんと取材して

欲しいと思ったわけである。

子供が好きな家庭は、子沢山であり、つまり、たくさんHをしているわけである。

まあ、この主人公が、プラトニックラブ好きの超変人であれば、

そういうこともあるかもしれないが、実際は違うだろう。

男が女のことをよくわからないように、女も男のことがよくわからないのだ。

男性漫画によくでてくる、性の亡者のような女性に遭遇したことは、あまりない。

それと同様に、12年間、ほとんど性欲のない男など存在しないのだ。

まあ、漫画なので、自分の書きたくないことは書かなくてもいいわけであるが、

かなり重要な問題だと思う。

タイトルとURLをコピーしました