大雨の中、水たまりで遊んでいた子供

日常の出来事

けっこうな豪雨の中、川添いの道を歩いていたら、5歳くらいの女の子が

水たまりにつかって遊んでいた。

お父さんが「はやくおいでよ」といっても、

「やだ、ここにいる」といって、長くつを半分くらいつかって、

バシャバシャ遊んでいるのだ。

お父さんは、それを強制して連れていこうとはせずに、なんとなく眺めていた。

私は、「このこは幸福だなあ」と思った。

遊びたいことを、ある程度自由にさせてもらっていて、それを楽しんでいる。

「やだ」といえるのは、信頼関係があるからである。

人間の幸福とは、今やれる範囲の中でやりたいことを十分にやれることである。

むしろ多少制約条件があるくらいで丁度いいのだ。

その範囲内で、ある程度自由にやれるのであれば、それはかなり幸福なのである。

多くの人は、そういうチャンスがあっても、やろうともしないし、

やれるとも思っていない。

日本国民の80%くらいが、あの女のこと同じくらいに、自由になることが

できれば、けっこう幸福になるだろうと思う。

タイトルとURLをコピーしました