大相撲の阿炎が会食して休場・・・これは親方の優しさです

スポーツ

大相撲の人気力士阿炎が、規約を破って、本場所中に夜、外食をしたという理由で、

休場になってしまった。これは阿炎が所属する錣山親方(元寺尾)の優しさである。

ゴマかそうと思えば、ゴマかせた話だったかもしれないが、

万が一、阿炎がコロナで陽性になりでもすれば、大問題である。

本当に強制引退もありうる事態になるわけである。

相撲協会は、他のどのスポーツ団体よりも、ピリピリしているのは、

政府から直轄で管理されている団体だからである。

いろいろと問題の多い弟子である阿炎に対して、師匠が下した一見厳しい判断は、

やさしさである。

「これで目を覚ませ」といっているのだ。

相撲協会は未曾有の危機におり、昨年も元十両の貴ノ富士が弟弟子への暴力問題で、

強制引退させられたのは記憶に新しい。

人気力士の阿炎とて、例外にはならないのだ。

今場所残り全休しても、おそらく幕内には残れるので、来場所からがんばればなんとか

なるわけである。

相撲取りと、親方の関係というのは新弟子の時は絶対服従であったものが、

出世すればするほど、疎遠になっていくものである。

元朝青龍に対して、親方だった元朝潮の高砂は何もできなかったではないか?

腕力でも上なわけで、いっても聞かなくなるのが普通なのである。

錣山親方は、最悪のケース(強制引退)も想定し、結婚したばかりの

阿炎への戒めにしたのである。

「親の心子知らず」なのかもしれないが、これは間違いなく愛情であり、

誰よりも、阿炎は感謝しなければいけないと思う。

タイトルとURLをコピーしました