明大前から武蔵小杉まで自転車で走る

日常の出来事

梅雨の週末。日曜日の午前、久しぶりに太陽が見えたので、サイクリングに出た。

二子玉川まで行き、川沿いの道を、上るか下るかで悩み、

下って東京湾方向に向かっていくことにした。

こういう悩みはほんとうに楽しい。なんかワクワクする。

上にいけば川はどんどん狭くなっていき、

下にいけば川はどんどん大きくなっていくのだ。

大きくなる方を見るのが面白そうだと思ったのだ。

昨日までの大雨で、川沿いの道には水たまりも多く、けっこう走りづらい。

東横線が見えてきて、丸子橋のあたりで一息つくことにした。

東横線の新丸子には、親戚のおじさん一家が住んでいて、

子供のころには、よく泊まりにいったのであった。

当時よく連れて行ってもらった蕎麦屋を探したら、なくなっていた。

どこかで昼飯をたべようかと思い、武蔵小杉までいったのであるが、空を見上げると

雲行きが怪しい。今にも降りそうな感じである。

あわてて自宅方面に戻ろうとしたら、たちまちパラパラと小雨が降ってきた。

雨具もないので、全力でこいで戻ったのだった。

自転車のメーターをみると、明大前から武蔵小杉までは約17キロだった。

思ったよりも近い感じである。

川沿いの信号のない道をずっと走るのはたのしい。

行きは東京側の道を走り、帰りは神奈川側の道を走った。

明らかに、神奈川側の道のほうが走りやすかった。比べものにならないと

いってもいいくらい道が整備されていた。

今度、天気のいい日には、東京湾までいってみようと思う。

小雨もいやだけど、暑すぎるのはもっといやかもしれない。

秋か冬になるかもしれない。

自転車で平たい道を走るのは、ある種の快感である。

すぐそばに大きな川があるのはとてもいいことだと思う。

もっとも、私の家からは最短でも数キロあるから、それを近くといえるのか?

あまりにも近いと、氾濫の危険性があるから、ちょっと離れているくらいが

ちょうどいいのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました