免許更新で、ほぼ嘘のビデオを見せられた

日常の出来事

コロナの影響で、自動車免許更新のための試験場は大混雑である。

それはともかくとして、更新の時に見せられたビデオの内容は、

過剰な恐怖訴求をあおるもので、ほぼ嘘の内容だった。

具体的に説明していく。

ある中年の男性が、危険運転致死傷罪で起訴されて、懲役十五年の実刑を

くらったという話を見せられた。

この男は、会社の飲み会に参加してしまい、ビールを5本飲んだ。

運転代行に頼もうとしたら、混んでいて予約がとれなかったという。

仕方がないので、車で3時間仮眠をとって、それから運転したところで、

路上にいた人を轢き殺してしまい逮捕されたのだ。

ビデオの中で、「アルコールは5時間あれば分解する」といっていたので、

3時間の休息は十分ではないが、それなりに配慮しているわけである。

無論、人を殺してしまったことは、よくないことであるが、

上記の内容は決して悪質ではなく、それなりに情状酌量の余地があるわけである。

そういう状況で、同法の最高刑である、懲役十五年の実刑になるなんて、

ありえないわけである。

ちなみに、オウム事件で、村井氏を包丁で刺殺した徐裕行被告は、完全黙秘のまま

裁判を受け、それで懲役十二年である。

それよりも、上記の犯人の量刑が重いなんて、ありえないだろう。

調べてみたら、酔っ払って一般道を100キロで走行し、

前の車につっこんで、四人殺して、しかも逃走した犯人が、

道路交通法違反+危険運転致死傷罪で 懲役二十年という判例があった。

これで懲役二十年はむしろ、軽いくらいだろう。

それはともかくとして今回見たビデオは、

まあ、恐怖訴求としては効果があるかもしれないが、事実ではないことを

いうのはどうかと思う。

ビデオを最後までみたら、つくっているのはテレビ朝日の関連会社だった。

普通の殺人事件で、殺した人間が1人だけで、特別残虐な殺し方でなければ

懲役十年以上になることは、まずはない。

自分の息子を殺した元農林事務次官がいたが、彼は懲役六年である。

考えてみると、私はずっと優良運転手で、こういうビデオを二十年くらい

見ていなかったのである。

今回は、軽微な違反があったため、ゴールド免許からブルー免許になり、

こういうビデオを見せられてしまったのだ。

もうできればみたくない。次回は、ゴールド免許に戻れるようにがんばろう。

タイトルとURLをコピーしました