新しい新宿駅になり、小便横丁は寂れていくだろう

ノンカテゴリー

新宿駅がリニューアルされて、西口と東口が駅構内でつながって便利になったわけである。

それまでは、西口から東口にいくためには、必ず外側から小便横丁(思い出横丁)

の横にある地下道

を通らなければいけなかったのが、もうあの汚い地下道をしようしなくても

よくなってしまったのだ。時間の短縮にもなるし、雨に濡れることもないわけである。

結果として、小便横丁の客は減るだろう。

あの道を通って、「じゃあ寄っていくか」という客がいなくなるのだから

当然である。コロナの影響もあるが、彼らにとってはダブルパンチである。

喜ぶのは、人通りが減って、静かに眠ることができるホームレスくらいだろう。

あの地下道には、私が子供のころには、戦争で手足を失った人が、

ハーモニカを吹いていて、お金をもらっていたものである。

ちゃんと軍服を着ていたっけ。

傷痍軍人(しょういぐんじん)というのだ。

戦争で怪我をした元軍人という意味である。

私の祖父も傷痍軍人だったのだ。支那事変で、ロシア人に鉄砲で撃たれ、

胸に大きな傷跡があった。

「5cmずれていたら、死んでいたよ」といっていた。

私は、祖父が少尉だと思っていたのであるが、傷痍だと知ったのは

かなり大人になってからだった。

実際には、伍長だったそうである。

タイトルとURLをコピーしました