自殺した木村花の母親の訴えは問題のすり替えである

事件の深読み

フジテレビのテラスハウスの問題で自殺した女子プロレスラーの木村花の母親が

加害者を特定し訴えるとのことで、それに自民党が協力しているのだ。

問題の本質は、フジテレビによるやらせ問題であり、直接の死因になったのかも

しれないが、SNSの問題は間接的な意味合いしかもたないのに、

フジテレビという既得権を守るために、自民党と、マスコミ連合がタッグを組んだのだ。

この母親もいいように、言いくるめられてしまったようである。

フジテレビ側も「自分たちで調べた結果、やらせはなかった」といっているのであるが、

そんなことあるわけないだろ。加害者が自分自身の独自調査で無罪といって

信じる人間がどこにいるのだ。

この日本である。

他のマスコミは貝になっていて、何も指摘しないで、

「悪いのはツイッターであり、書き込みを行った個人である」という

歩調をとっているわけである。

騙されてはいけないのだ。

でも、日本人の90%は騙されてしまうのである。

昨日夜読んだ、昭和の劇画にこういうシーンがあった。

ある男が暴行殺人を犯したのであるが、うまく逃れて無実の男が逮捕された。

10年ほど時間が経過し、翌日冤罪の男の死刑が執行される直前に、

犯人の男が担当検事の家にいき自白したところ、

翌日、真犯人の変死体が発見されたのと同時に、冤罪の犯人の死刑が執行された

というところでこの話は終わるのだ。

これは、真実である。

彼らは逃げ切れると判断すれば、なんでもやるし、これはリスクが高いと思えば

やらないだけである。

日本一偏差値の高い連中が、そういうところばかりに能力を集中させているのである。

マスコミの垂れ流すニュースを、何も咀嚼しないで聞き続けている

連中は洗脳されているのである。

タイトルとURLをコピーしました