NHKで放送された、「原爆を落とした米国は悪くない」報道

政治の裏側

終戦の日にNHKを見ていたら、広島に在中の学生と、ハワイ在中の学生がズームでシンポジウムをやっていて、原爆投下の問題について話あっていた。日本人の女の子は、「米国が広島に原爆を落としたことをどう思うか?」と聞いたら、米国の学生が「日本人は真珠湾を攻撃したではないか?」とつっこんだところ、日本人の女の子は「真珠湾攻撃のことを知りませんでした。これから勉強します」といって話が終わってしまったのだ。

「はあ?」

という感じである。待ってましたというようなセリフを米国の学生がいってくれたのに、それを「知りませんでした」で終わってしまうシンポジウムと、それを報道するNHKの悪意に満ちた意図を感じたわけである。

真珠湾攻撃は、仮に奇襲攻撃だとしても、軍事施設への攻撃である。戦争とは訓練された軍人同士の戦いであり、事前通告があろうがなかろうが、それはルールに基づいた戦争行為なのである。

ところが、広島、長崎への原爆投下や、東京大空襲などは、軍事施設を狙ったものではなく、明らかに民間人の大量虐殺を目的にした攻撃であり、根本的に違うものなのである。真珠湾攻撃で亡くなった民間人の方もいたはずであるが、それはいわば流れ弾であり、原爆とは全く異なるものなのである。

NHKとしては、そういう話を広めたくはないので、「日本軍も真珠湾攻撃をやったのだから、おあいこですね」という、米国から洗脳されたプロパガンダを現在でも垂れ流しているのである。何気なく、報道していたが、かなり手の込んでいる細工なのである。

おそらくものすごい人選をして、絶対に、太平洋戦争の実情について詳しくなさそうな子供を抜粋して登場させたのである。ある意味すごい凝っているのだ。万が一、その子供が優秀で、まともな答えをいったら、放送しなければいいだけの話なのである。そういう安全弁もしっかりもっているのだ。

世の中には、こういう細工がいたるところに散らばっているわけである。

米国は当時の国際法上でも違法な民間人の大量虐殺を行って戦争に勝利したといっているわけである。それに対して米国に対して正式に抗議を実施している政党は日本に存在していないのだ。自民党はもちろん米国の手下であるから無論であるが、共産党や立憲民主党でさえ、日本軍が悪かったのであって、まあ仕方がないというスタンスなのである。

これが日本国の現実なのである。20年後くらいには、時代が変わって欲しいと思う。

別に米国から金をもらおうとかではなく、正しい認識にたち、謝罪してもらうのは当然な事だと思う。韓国が日本に対して従軍慰安婦問題で謝罪を要求していることが、むしろ健全なことのように感じてしまったりするのだ。もちろん、従軍慰安婦問題なんて、嘘っぱちだと思っているのであるが、その1億倍ひどいことを日本は米国にされているわけで、ちゃんと文句をいうべきだと思うわけである。

タイトルとURLをコピーしました