眞子さま、小室さん問題の奇怪

事件の深読み

眞子さまと小室さんの結婚に賛成している人は、世の中の1割もいないような気がする。眞子さまの両親も賛成していないだろうし、皇室関係の多くの人も賛成していないだろう。母子家庭である小室さんの母親が、知人から借用書なしで借金をしているということが問題なのだろう。そういう輩は、日本国の皇室の夫には相応しくないと多くの人は考えているわけである。この母親の借金問題は、全く問題ではない。仮に裁判等で争われ、この借金を母親が返金することになったとしても、それは母親の問題である。刑事事件ではなく、単なる民事のトラブルの話である。たいした話でもない。母親の息子が話題のある小室さんであるから、マスコミが大々的に取り上げているだけの話である。結婚は二人の問題であり、他人がとやかく口出しをする問題ではない。日本は自由の国であり、すべての人間に最低限の自由が保証されているわけである。眞子さまが法律に違反することは何もしていないわけで、結婚したければすればいいだけの話である。それでも、自分の両親やら、政府やら、マスコミやらが、とやかく言っているのであるから、本人はたまらないわけである。どれほど彼女が憂鬱なのか、想像に難くないわけである。本当に大きなお世話である。日本人の大嫌いなところなのであるが、「この案件は批判してもいい政党な理由がある」と感じた案件には、猫も訳詞もマスコミも、こぞっていっしょに批判し続けるという伝統があるわけである。吉本芸人の闇営業問題や、タレントの不倫問題などはその典型である。眞子さまの結婚問題に関しては、おそらく「伝統ある日本の皇室の威厳を守るため」的な、理由をもって、多くの人は「この結婚は相応しくない」と思っているのだ。現におそらく、秋篠宮夫妻が反対しているので、それに乗っかっているわけである。結婚というものは、政略的な意味合いだったり、単なる男女の好き嫌いだったり、様々な側面があるわけである。基本は、男と女が好きになることが前提であり、ある意味それが全てであるといってもいいわけである。お互いが納得しているなら、なんでもいいわけである。眞子さまが小室さんと恋に落ちて、結婚したくなったのだから結婚すればいいだけの話である。問題があれば、そのあと離婚すればいいだけの話である。私の姉は、知り合って間もない男性と結婚し、多くの人は「もう少し考えたほうがいいんじゃない」といっていたが無視して結婚し、すぐに仲が悪くなった。彼女は離婚したかったのであるが、相手の男が彼女所有の自宅が動かずに、「絶対離婚しない」と居座り続け、苦労の末、裁判をしてようやく離婚することができたわけである。多くの人は「ほらみろ」といったわけであるが、それも彼女の自由である。何の問題もないのだ。たまたま、このケースではうまくいかなかったが、うまくいく場合もあったはずである。そんなことは誰にもわからないのだ。幸福に思えることが不幸のはじまりだったり、逆のことだってよく起きるわけである。問題は自分自身の意思で選択をするということだけなのである。二人の男女が結婚したいと思っていて行動しているのだから、他人が口を出す問題ではない。やりたいようにやればいいのだ。「大切な税金が使用されていることなのだから、国民にもいう権利がある」という意見があるのかもしれないが、だったら政治家にでもなって、法律を好きなように改正すればいいだけの話である。そんな気概もないのに、適当にストレス発散的な意味合いで、小室さんを批判している連中があまりにも多いわけで、そういう輩に本当に腹がたつのである。「ほっておけ」といいたい。

タイトルとURLをコピーしました