悪意を感じる「和製ウッズ」の報道

スポーツ

新人ゴルファーの笹生優花が二週連続優勝を飾り、その実力は本物であることを証明したわけである。マスコミは「和製ウッズ」といっているが、これは完全に悪意のある報道である。

顔が似ているからだ。ちょっとこれはやめたほうがいい。まだ20歳の女の子なのである。本人が自分からいっているなら、まだしも、そんなことはないのだ。マスコミは、「ゴルフの強さがタイガーウッズの全盛時みたいだからです」と言い訳をいうわけであるが、どう考えても違うだろう。単純に似ているから、面白がっているだけである。笹生も怒ったほうがいいと思うが、怒るのも難しいわけである。怒った瞬間に、それが報道されてしまうからだ。有名な女子ゴルファーである前に、女の子なのである。男だったり、芸人であれば、むしろ喜ぶ場合もあるだろうが、この場合はありえない。渋野だって、畑岡だって、だれも和製ウッズなんて呼ばないわけである。マスコミは、とにかく話題になって販売部数や視聴率があがることしか考えていないのだ。できるかぎり訴訟になっても負けないようにそれだけを配慮しているクソ野郎である。

タイトルとURLをコピーしました