スポーツ選手に見る、男と女の身体の違い

スポーツ

15歳くらいの天才少女というのは、けっこうたくさん存在している。

日本では、水泳で14歳で金メダルをとった岩崎恭子ちゃんが有名で、

海外では、「15歳の天才少女」といわれた、テニスのアンドレア・イエガー

なんかが有名である。

男だとありえないのであるが、15歳くらいで世界の頂点に立ってしまうことが

よくあるのである。

その一方で、40歳を超えてまで活躍する選手は壊滅的に存在しないのだ。

30歳くらいをすぎると、一気に力が衰え、消えてしまう選手がほとんどである。

ゴルフのジャンボ尾崎みたいに、53歳になっても賞金王であり続けるような

例は、ほぼ存在しないのである。

これは身体的な違いと捉えるしかないような気がする。

医学的に説明できるのだとは思うが、生理的な問題なのだと思う。

なぜ、14歳くらいで、大きく成果を出す選手がいるのかというと、

少女から大人になる過程で、女性特有のふっくらとした体型になる直前の

一瞬の状態が、アスリートとして肉体的なピークを迎えてしまうからなのだと思う。

すべての女性がそうなのではなく、そういうタイミングで、

たまたま活躍してしまう選手が一定数いるのだと思う。

岩崎恭子ちゃんは14歳で金メダルを取ったのがピークで、その後は

日本一にさえなっていないのだ。

女子ゴルフを見ても、活躍するのは十代や二十代ばかりで、

三十代半ばで引退した宮里藍などは、男であれば「これから」という年齢である。

まあ、結果的な事実として、そういうことはあるのだと思う。

何がいいたいのかというと、

若くして活躍する男性アスリートと、若くして活躍する女性アスリートは

意味が違うのだ。

男の場合は、たしかに早熟なのかもしれないが、

女性の場合は、ある意味、ベストフィットで活躍しているだけなのかもしれないのだ。

それを同一視することは、本当は意味が全く違うような気がする。

タイトルとURLをコピーしました