愛子さまを見て、幸福そうにみえるか?

日常の出来事

天皇家の愛子さまは、衣食住に困ることなく今日まで生きてきたわけである。

では、彼女をみて「本当に素晴らしい人生だ」と思えるだろうか?

日本国籍を所有する99%の人は餓死することはない。

憲法で基本的人権が保障されているので、本当に生活できなくなれば国から、

毎月15万円程度の現金が至急されるのだ。それを受給している人は、

約1000万人程度いるという。

結果的に、日本では餓死する可能性は極めて低いわけである。

愛子さまを見て、なぜそんなに幸福そうに見えないのだろうか?

それは、幸福とは不幸との落差だからなのである。

産まれながらに大金持ちで、その人が1億円稼いだとしても、たいして大きな

影響はないのだ。

ところが、貧乏のどん底から這い上がって、普通の生活になることができた人は、

三食食べれるだけでも大きな幸福を感じるわけである。

幸福になるための簡単な方法は一度落ちることなのである。

高いレベルから、さらに上のレベルにあがって、幸福を感じるのは相当難しいのだ。

でも、一度、落ちると、そこから這い上がって、元の場所に戻るだけで

幸福になれるのである。

ゆえに、幸福になりたいと願っている人は、その願いを達成するために

大きな困難がやってくるのである。

幸福になりたいという願いが大きければ大きいほど、困難も大きくなるのだ。

仏教の創始者であるブッダは、王子様であった地位を捨て、出家して

一文無しになったわけである。

そこから、世界最高の宗教家になったのだから、幸福度は半端ではないだろう。

愛子さまが幸福なのか、そうでないのかはよくわからない。

もしかしたら、現状のままでも十分に幸福感を感じて生きているのかもしれない。

だとすれば、それはそれで素晴らしいことだと思う。

でも、もし皇室から出て、マザーテレサのような人生を歩んだとすれば、

それはとても素晴らしいことだと思う。

現状を維持することは必ずしも悪いとは思わない。

でも、今よりも幸福になりたいのであれば、一回落ちるのが最善の策なのである。

それ以外にないといっても過言ではない。

愛子さまは、ご両親ともに立派な人だと思う。

ご両親の意見や、生き方から学んで、ご自分なりに、最善の道を探して

生きていくような気がする。

これから、大きな動きがあるのではないかと思う。

タイトルとURLをコピーしました