ブックオフで、ダンボール4個分の古本を売ったら750円だった。

日常の出来事

実家で大掃除をして、とんでもない数の古本を処分した。ダンボールに4個以上

の本を持って行ってもらい、後日、お金が振り込まれたのであるが750円だった。

桁が間違っていると思ったが、間違っていなかったわけである。

ブックオフは、本の価値ではなく、新しさと綺麗さで値段を決めることは

知っていたのであるが、それにしてもの価格である。

正直なところ、彼らにそれなりの利益を与えるくらいなら、チリ紙交換に

持って行ってもらったほうがまだ気分がいいと思うわけである。

もっとも現代は、ほぼチリ紙交換屋さんが存在していないので

見返りは0である。でも、わざわざダンボールにつめて、

電話をすることを考えれば、どっちが得なのかはわからない。

まあ、こんなものである。

日本という国は、古いものが極端に価値がなくなってしまう国なのである。

これは世界の常識ではない。

日本の特殊性なのである。

古本の話ではないが、米国で2万ドルで新車を購入し、2年間で8万キロを乗って

売ったら、1万5000ドルくらいで売れたわけである。

日本ではありえないだろう。

でもこれが普通なのである。

タイトルとURLをコピーしました