妹のことを「ゆりこう」と呼んでいた子供のころ

私には年子の妹がいて、名前を「ゆり」という。

子供の頃は、ずっと「ゆり公(ゆりこう)」と呼んでいたのだ。

学校であっても、友達といっしょにいても、いつもどこでも「ゆりこう」と

呼んでいたので、私の友人のほとんどは、妹の名前を「ゆりこ」だと思っていた

らしかった。

説明させていただくと、本当にひどい話で、えて公(猿の別称)みたいだから

「ゆりこう」と呼んでいたのである。忠犬ハチ公の公と同じような意味なのである。

無論そんなことを説明したこともなく、妹のほうも何も気づいていないようで、

気にしていなかったので、そのまま数年間使い続けたのである。

中学生くらいになると、さすがに、そうは呼べなくなってしまった。

理由は様々なのであるが、私が中学で留年し、同学年になってしまったのも

その理由の一つである。そして、私は中学浪人もしてしまい、

ついには、妹に学年も抜かれてしまうという、失態を演じてしまったのである。

まあ、バチが当たったのだろう。

もう頭はあがらないわけである。

いつしか、かつて「ゆりこう」と呼んでいたことさえ忘れてしまったのである。

あれから、40年以上が経過し、ふたりとも50歳を超え、

いっしょに食事をしながら、ふと昔のことを思い出したわけである。

完全に忘れていた。

でも、その話は妹にはしなかった。

だって、気分が悪くなるだろう。

もしかしたら、全然気にしていないのかもしれない。

このまま、この話は、一生封印してしまおうと思う。

いつまでたっても、妹はかわいいものである。

むかしは、「おにいちゃん」と呼んでいたのに、

今ではなぜか「ゆうたさん」と名前で呼んでくる。

まあ、どうでもいいのであるが。

どちらかというと、「おにいちゃん」と呼ばれたいものである。

だって、世界中でそう呼んでくれる可能性があるのは、妹ただひとりだからである。

「ゆうたさん」と呼んでくれる人は、けっこうたくさんいるわけである。

タイトルとURLをコピーしました