レジ袋問題の考察:政府による洗脳の準備

既得権者利益

レジ袋が有料になったわけである。

私は基本的にゴミ捨てはレジ袋で行っているので、いずれにしてもレジ袋は消耗品

なので必要なのである。ゆえに、スーパーなどで一枚五円程度で購入するか、

ゴミ袋として購入するかだけの違いなのである。

エコバックのようなものを使用しても、結局レジ袋は必要なのである。

今までは気がつかなかったのであるが、店によって、レジ袋のクオリティが

大きく違うことがわかってきた。

同じ五円でも、とても大きくで丈夫なものもあれば、ペラペラな五円もあるのだ。

五円であれば、20枚で100円である。

100円ショップで売られているレジ袋を見てみると、30枚入りで

40cmのくらいの深さの小さいサイズの袋がメインである。

これだと、レジ袋をどっちで買っても同じようなものである。(1枚三円として)

ところが、うちの近所の100円ショップのレジで購入する五円のポリ袋は

かなりのクオリティなのである。何べんつかってもやぶれそうもなく、

しかも大きいのだ。

私はどんなに買う量が少なくても、かならずこの大きい五円の袋を購入している。

ゴミ袋としては、少しでも大きい方が役に立つからである。

レジ袋の有料化が、環境保全に役立つとは思えない。

小売店の利益率の改善にはなるだろうが、微々たるものである。

それよりは、国民を飼いならして、いざという時に、どんな命令でも従うようにさせるための

訓練のように感じるのだ。

人間とは悲しいもので、習慣化された行為には無意識に従ってしまうものなのである。

政府が企んでいるのがなんなのかはよくわからない。

憲法改正をして徴兵化でもしたいのか、消費税を20%くらいにしたいのかもしれない。

その日のための準備作業なのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました