アル中の友人

日常の出来事

アルコール中毒は病気である。

私の友人は明らかなアル中である。昼間から酒を飲んでいて、夜も飲んでいる。

動きはスローモーションのようで、機敏に動くことは、もはやできない。

毎日1リットル程度の焼酎を飲んでいるようである。

何回か、入院したようであるが、もう諦めたようだ。

ヘビースモーカーというのは、日常生活にそんなに影響しないかもしれないが、

アル中は何もできなくなるので、意味が全く違うわけである。

自分で自分をコントロールできなくなった時、

それを他人に委ねるのか、自分自身で行うのかを判断するのも自分である。

最後まで酒を飲み続けるという選択肢を選んだとすれば、

その決断は尊重すべきである。

両手両足をしばり、病院に強制入院させる権利など、誰にもないのだ。

人間としての尊厳は、尊重されるべきである。

少しでも「アル中を治したい」という意思を示したのであれば別である。

そうでなければ、放っておいてあげるべきである。

彼の父親は厳格な人で、彼の人生を大きく支配してきたことはよく知っている。

もう彼の父親は存在しない。

彼がアル中になったことと、彼の父との因果関係を証明することはできないが、

無関係であるわけがないと感じている。

人生で起きる全ての出来事はつながっているのだ。

無意味な出来事はひとつもない。

すべては必然である。

もし彼が父の言う通りにしないで、自分の意思を貫いていれば、少なくともアル中には

なっていなかったと思う。

でも、それも含めて彼の人生である。

好きなだけ酒を飲めばいいと思う。

タイトルとURLをコピーしました