次男が盲腸で入院した

日常の出来事

いまどき、盲腸で入院するなんて話はあまり聞いた事がない。

中2の息子は突然、腹痛を訴え、そのまま入院し、数時間後には

手術をして、盲腸を摘出したのであった。

考えてみると、私の知り合いで、盲腸で入院したのは息子が初めてだった。

手術は無事終わり、今日で入院4日目である。

もっとも初歩的な手術とはいえ、開腹して、腸を切って取り出すのだから、

それなりに大変である。

3日経過しても、「けっこう腹が痛いし、苦しい」といっている。

入院している病院は、成育医療センターといって、

都内で一番大きい、公立の小児科専門病院である。

考えてみると、彼が産まれたのも、この病院だった。

世田谷に住んでいて、子供を育てた人であれば、ほとんどの人が1回はこの病院に

来ているのではないだろうか?

夏になると、この病院の小さな池で、ザリガニ釣りをしに何回も来たものである。

息子も中2なので、小児科に通うのはこれで最後だろう。

もはや彼が通うべきは、小児科ではないと思う。

大病院は対応もいいので、快適である。

私としては、多感な頃に入院をして、「将来医者になる」なんてことを

いってくれればいいと思っているのであるが、そんなことはなさそうである。

「スターウオーズエピソード3と、ジョジョの奇妙な冒険の第1巻を借りてきて」

といわれたので、もっていってあげた。

すべてのベットに、DVDとTVモニターが標準でついているのだ。

そのかわり、スマホ用の電源はないので、そっちは結構大変である。

ちょっと浮世離れしているというか、公立病院ならではなのルールである。

これはこれで、彼の人生にとって、大きな経験になるのではないかと思う。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました