子供の銀行口座を作ることの大変さ

日常の出来事

虫垂炎で入院していた息子が退院し、入っていたカンポの請求をすることにした。

手続きは当然ながらやっかいなのであるが、子供名義の口座に

入金しないと、手続きが煩雑になるので、口座をつくることを勧められた。

本人は窓口に来る必要はないのであるが、写真付きの身分証明書が

必要とのことである。中学生なので、生徒手帳でいいかと思ったら、

写真入りの公的なIDでないとダメだという。

具体的には、マイナンバーカードか、パスポートだという。

2年前に海外旅行に行った時のパスポートが残っていたので、

それでなんとかなったが、もしなければ、

写真が付いてない証明書なら2つ必要なのだという。

具体的には、保険証と、住民票だという。

かなり面倒臭いわけである。

怒りを通り越して笑ってしまったのであるが、

通帳を発行するまで三十分ほどかかるので、そのあいだ、

郵便局の営業マンの勧誘を受けなければいけないのだという。

無論そんな言い方はせず「ちょっとした商品説明をさせてください」といってきた。

五分ほど話をしたら、私のほうが金融知識がはるかに上だということに

向こうも納得してくれたので、そのあとは25分間、

私から彼に金融と不動産のレクチャーをさせてもらった。

実際には、楽しい会話である。

そうこうしているうちに、通帳が出来上がり、「さようなら」といって

帰ったのである。けっこう楽しかった。

また、ものすごい暇な時は、口座をつくりにいこうかと思う。

まあ、20年後くらいだろう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました