缶ジュースの値段 130円は高いか?

日常の出来事

ずっと長い期間、缶ジュースの値段は100円だった。

それがある時から、110円になり、120円になり、そして130円になった。

その一方で、現在でも100円で販売されている缶ジュースはけっこうたくさん

あるわけである。

場所によっては、70円や80円で売っていたりするわけである。

どうしても飲みたい缶ジュースがあるわけでもなく、

缶ジュースを自動販売機で飲みたい時は、喉が乾いている時である。

ようはなんでもいいのだ。

喉が潤えばそれで十分なのである。

ゆえに、できるかぎり、130円のジュースは買わないのだ。

他に選択肢がないのであれば、無論、130円のジュースを購入するが、

近くに他の自販機がありそうで、我慢できそうなら、100円の自動販売機に

巡り会うか、もしくはコンビニがあれば、そこで100円の500mlの

パックジュースを購入するのだ。

なんか130円という価格設定に納得がいかないのだ。

安いと感じる100万円もあれば、高いと感じる130円もあるわけである。

そこで30円を余分に支払っても、経済的な影響は自分の人生にほぼ0である。

でもなんか納得いかないのだ。

それが当たり前だと思う人と、そうでない人が存在する。

ビルゲイツは、いまでもファーストクラスではなく、エコノミークラスを

使用するらしい。

「値段ほどの差があるとは思えない」というのが理由である。

とても共感できる。

お金が腐るほどあっても、ファーストクラスには乗らないだろう。

でも、ビジネスクラスには乗ると思う。

やっぱりそっちのほうが快適だからだ。

飛行機でいうなら、2時間以内の移動なら、エコノミーで十分であるが、

3時間以上だと、ビジネスクラスがいいと思う。

明らかな違いがあると思う。

ハワイにビジネスクラスで行くと、けっこう快適である。

ようは自分が納得できるレベルの支払いであればいいのである。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました