コロナ問題に関する所感

連日、多数の人がコロナに感染し、多数の人が亡くなっていく。

世の中は恐怖で溢れ、多くの人は苦悩の日々を過ごしている。

この間、たまたま見たニュースで、その日亡くなった10名の詳細を紹介していた。

全員、高齢者で、糖尿病、腎疾患、末期ガンなどの基礎疾患を持っている人

だった。

コロナがない時代である2018年に、インフルエンザで亡くなった方は約3000人

である。けっこうな数である。その多くは高齢で、基礎疾患をもった人である。

でもそんなことは、当時、報道さえされなかった。

それは、普通のことだからである。

コロナで死んだ人だけが報道されるのは、それで新聞が売れたり、視聴率が

かせげるからである。

それだけの理由である。

なぜ政治家が大騒ぎをするのか?

彼らは批判されるのが怖いからである。

国会議員であれば年収4000万円の特権階級である。その地位を失わないということが

最大のモチベーションである。

自分の懐を痛めることがないので、自由に、コロナ対策について打ち込めるのは当然だ。

コロナ対策を徹底しているおかげで、インフルの患者が激減しているという。

これはすばらしいメリットである。

そういえば、私も今年はほとんど風邪を引いていない。

これもコロナのおかげである。

コロナ騒動が起きて、いいこともたくさんあるのだ。

たまに外食にいくと、店がガラガラでゆっくり食べられるので、とても気分がいい。

電車も昔にくらべると格段に空いているし、

いろいろなことがゆったりとできるようになった。

困っているのは、1円でも売り上げをあげて、金儲けをしようと思っている人である。

そういう人のお小遣いが多少減るくらいのことで、これだけ素晴らしい状況を

享受できるのだから、むしろいいことだと思う。

自分で調べて、自分で判断するのだ。

今の状況をすばらしい時代だと感じる。私はそう思う。

 

タイトルとURLをコピーしました