北千住にコロナ問題は存在していない

日常の出来事

12月9日の夜、北千住で飲んだ。

どの店も満員で、人でごった返していた。

ドアを開けっ放しにして、換気をしている店もあるにはあったが、

ほとんどの居酒屋などは、コロナ問題など存在しないかのように、

ぎゅーぎゅー詰めで、元気に営業していた。

下高井戸などは、閑古鳥がないていて、外食する人の姿もまばらである。

無論、比べるようもない街の規模なのであるが、

ここまで賑やかなのは、すごいことだと思う。

コロナで多くの人が死んでいるとはいえ、若者で死んだ人はほぼ存在しない。

心配しないのは当たり前なのだ。

私はその日は大酒を飲み、久しぶりに二日酔いになった。

それから3日間、酒を一滴も飲んでいない。

考えてみると、この3ヶ月くらい、少量ではあるが、酒を飲まない日はなかった。

たまに酒を飲まないと、なんか気分がいい。

酒は週に2回くらいでいいのだろう。

なかなかそうはできないから、いっそのこと、完全にやめてしまうというのも

手なのかもしれない。

北千住、おそるべし。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました