女芸人ナンバーワン決定戦 THE W 本当の優勝者はAマッソである

芸能人(芸人)タレント

先日放送された、女芸人ナンバーワン決定戦 THE W はピン芸人の吉住が優勝した。

彼女の芸は個性的でとても面白かったが、本当の優勝者はAマッソである。

彼女たちの芸をみて、私は震えた。

感動したのだ。

あんなオリジナリティがあって、面白く、しかも完成された芸をみたことがない。

昔、女子プロレスで、アジャコング対ブル中野の金網デスマッチを見て、

感動して泣いたことを思い出した。

それに匹敵するくらい、すばらしい芸をAマッソは大舞台で成功させたのだ。

ところが、結果は、対して面白くもない「ゆりあんれっとりばあ」に負けてしまったわけである。

負けた理由は明白だ。

テレビ的な理由で、Aマッソは勝ち残れなかったのだ。

主な理由は二つある。

一つは、昨年、Aマッソがテニスプレーヤーの大坂なおみを風刺した人種差別ギャグを

やったことである。その後、彼女たちは涙の謝罪会見をしたのであるが、

それが理由である。

大した話ではないが、大げさにとらえすぎたのだと思う。

でも、テレビ的には大問題である。

本来なら、テレビ的には彼女たちは、この番組に出演することもできなかったはずなのだ。

それを出場させてくれただけでも、ある意味、日本テレビは英断をしたわけである。

でも、それ以上(決勝進出)までは許されなかったのだ。テレビ的に。

それは、日本テレビを責めることができないと思う。他局であれば、

テレビに放送さえさせてくれなかったはずなので、むしろ日テレは頑張ったのだと思う。

それが日本社会なのである。

二つ目の理由は、ゆりあんが大手の吉本興業所属で、Aマッソがそれ以外の事務所だったからであ

る。これもある意味仕方がないことなのかもしれない。

男性アイドルにおけるジャニーズ事務所と、お笑い芸人における吉本興業は同じような

ポジションである。

北朝鮮における、キム一族みたいなものなのだ。

これに逆らっては生きていけないのだ。

でも、わかっている人はわかっている。

Aマッソの芸がとんでもなく秀逸で、間違いなく、女芸人ナンバーワンであることである。

男の芸人のなかに入っても、むしろそれ以上に面白かったのではないかと思う。

すごいレベルである。

私は感動した。

Aマッソは負けてむしろ、その価値を上げたのだと思う。

がんばれAマッソ。

わかっている人は、全員わかっている。

でも、吉住も同じくらい面白かったと思う。

 

タイトルとURLをコピーしました