安倍さん不起訴に思う 日米裁判制度の違い

既得権者利益

桜を見る会の不正会計処理問題に関して、

最終責任者である安倍さんは不起訴になり、部下の秘書がすべてを背負い、

辞任をして、なおかつ100万円の罰金を支払って、この事件は終了したわけである。

もし安倍さんが、「私が彼に指示をして不正会計をしました」といえば、

彼も起訴されたのであるが、「私は知りませんでした」といったという理由で

不起訴になったわけである。

秘書に利益は何もない。

事務所を辞め、罰金まで支払ったわけである。

これを普通の人はどのように解釈するか?

もし、日本の裁判が米国と同じ、陪審員裁判で、陪審員の多数決で

決まるとすれば、100%、安倍さんは有罪である。

そもそも、日本の裁判制度では、そういう裁判の俎上にあがる以前の、

起訴されるか否かのところで、はじかれているのである。

まあ、米国的というか、普通の西側世界的にはありえない制度なのである。

こういう状況をみると、多くの人は、

「まあしかたねいね。それが日本社会ってもんだよ」と思うわけである。

そしてすべてが流れていくわけである。

このままでいいのかといえば、いいわけがないのであるが、

そう簡単に変わらないのが日本社会なのだ。

そういう恩恵を受けていた人がいる。

三浦和義である。ロス疑惑事件で、新婚の奥さんを殺害し、保険金をもらい、

とっとと新しい奥さんと再婚していた男である。

結局日本の裁判制度では、彼は無罪だったのだ。

ありていにいえば、彼自身が自白しなかったからである。

考えてみるとわかるが、犯罪を犯すような人が、本当のことをいうわけがないではないか?

でも日本の制度では、物的証拠がなければ、本人の自白がないかぎり、無罪になるのだ。

米国は、そういう当たり前のことから、陪審員制度に変えたのだ。

無論、陪審員制度が100%機能しているとは思わない。

有名なOJシンプソン事件では、白人の妻を殺害した黒人のOJシンプソンに対して、

過半数をしめていた黒人の陪審員が彼を無罪として、釈放されたのである。

おそらくOJは、妻を殺していたはずである。

笑ってしまうのは、刑事裁判では無罪だったが、その後に行われた民事裁判では有罪で、

彼は多額の賠償金を支払うことになったわけである。

そういう問題が起きる可能性はあるが、だからといって、どちらの制度のほうがマシであるかは、

はっきりしていると思う。

無論、陪審員制度のほうがマシだと思う。

ありていにいえば、日本の法律では、証拠さえ残さなければ、どんな犯罪でも犯すことが

できるのだ。

それを活用している人は多数いるわけだ。

そのひとりが、安倍さんである。

物事は普通に考えたほうがいい。

今回の桜の会の事件でいえば、起訴された秘書にどんなメリットがあって彼が不正会計を

行ったのか?

安倍さんのため以外にありえないのである。

むかし似たような事件があり、竹下登元首相の秘書が自殺したことがあった。

おそらく竹下さんは、その遺族に対して、手厚いケアをしていたはずである。

そういうことで、いいわけがない。

自民党は、「経済が発展するなら多少の問題はいいではないか」という立場の

政党である。

かといって、現在の立憲民主党が、代わりの受け皿になるとも思えないわけである。

まあいくらかマシかもしれないが。

安倍さんに心があるなら、次の選挙には出馬しないことである。

理由はなんでもいい。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました