松飾りの数が、明らかに減っている

日常の出来事

師走の街を歩いていると、ある異変に気づいた。

松飾りを飾っている家が、明らかに減っているのだ。

なんとなくであるが、10軒に1軒くらいしか飾っている家がないのだ。

例年であれば、3軒に1軒くらいはあるように思うのであるが、今年は明らかに違う。

無論、コロナのせいだろう。

お正月気分など、味わう余裕などないのである。

スーパーの人混みも、明らかに減っている。

道路も混まないし、電車も新幹線もガラガラのようである。

それでも、それなりの数の人が初詣にいくのだろうから、コロナ患者の数は激増するはずである。

本気で止めようとすれば、ロックダウンするよりないわけであるが、

政権は経済と天秤にかけ、経済を優先したわけである。

それはそれで一つの見識である。

別に悪いとは思わない。

先日亡くなった国会議員にしても、糖尿病などの基礎疾患があり、しかも喫煙者だという。

老人でなく、基礎疾患のない人にとってのコロナは、インフル程度のものであると

私は思っている。

様々な情報から総合的な判断として、私はそのように解釈しているのである。

ひとつだけ心配なのは、変異したコロナウイルスがどの程度のものなのかということが

よくわからないところである。

いままでのコロナとは異なり、恐ろしいまでの力を持っているのなら、注意しないといけない。

その情報は現状では十分ではない。

どの程度、日本人に影響があるのか、まったく未知だからである。

もし、相当なものであれば、外国人の往来を遮断するだけでは十分ではない。

すべての人の日本入国を阻止しないといけない。

ウイルスは、日本人と外国人を区別しないからだ。

仮に二週間症状がでない日本人がいたとしても十分ではない。15日目に発症する可能性だって

否定できないのだから。

そして広まったら、おしまいである。

そういう水際作戦が十分であるとはとても思えないわけである。

ウイルスは肉眼では見えないからだ。

これだけ静かな年末は、人生で初めてである。

これが最初で最後であるといいと思う。

タイトルとURLをコピーしました